ロゴ

警備会社の利用

治安を維持して財産や売り物を守りたい場合は、警備会社から警備員を雇うのが有効です。警備員は、家や敷地の入口に立って依頼者の代わりに周りを監視して、犯罪の被害に遭うのを予防します。またもし犯罪に遭った場合は、警備員は速やかに警察に通報してくれるので、犯人を捕まえ、被害を最小限に抑えられる可能性も上がります。

警備会社を利用するシーン

ガードマン

夜間の侵入を防止したい

警備会社と契約すると、防犯カメラや赤外線センサーなどの警報器を設置することができます。これらの設備は、異変を感知すると警備会社に連絡が行くようになっていて、警備会社が警察に通報し、すぐに警察が駆けつけてくれます。これを使えば夜も防犯を徹底でき、安心です。

交通整理を依頼したい

大型の駐車場があるスーパーマーケットやデパートでは、駐車場の入口や駐車場内に警備員が立っていることが多いです。彼らは警備会社から雇われた、施設警備員という警備員です。施設警備員を雇うと、駐車場の車両整理や、車を狙った犯罪の防止にも役立ちます。

施設を巡回してほしい

施設警備員には、駐車場だけでなく店舗の見回りも依頼することができます。警備員は警察官と服装が似ているので、警備員が見回るだけで犯罪予防効果は十分にあります。また警備員は店員とは違い、警備を専門としているので、店員よりも犯罪を発見できる可能性が高いです。

いつでも依頼が可能

警備会社に所属している警備員は、昼番と夜番の役に分かれていて、交代制で24時間ずっと勤務しています。つまり、いつ通報が来ても、すぐに通報のあった場所に駆けつけることができます。また昼だけでなく、夜中の巡回や門番を頼むことも可能です。

警察官と警備員の違い

逮捕する権限を持っている

警察官には、人を逮捕したり任意同行したりする権限があります。すると例えば、不審者が住居に侵入しようとしているだけで、職務質問をかけて任意同行を命じたり、万引きや強盗の現行犯を逮捕し、そのまま警察署へ連れていったりすることもできます。

逮捕や任意同行が出来ない

警備員は依頼された巡回や監視は行いますが、警察官とは違って現行犯逮捕や任意同行の権限がありません。そのため警備員が異常を目撃すると、警備員が警察に通報して、警察が不審者を取り締まるという流れになります。

警備会社を利用して事件や事故を防ぐ~安全を守る取り組み~

警備員

依頼する警備会社の選び方

鍵をかけておけば安全と考える人も多いですが、より防犯を強化したいと考えるのであれば、警備会社に依頼するのが得策となります。万が一に備えるために防犯目的で仙台にある警備会社と契約を結ぶなら、一番重視すべきなのは防犯用の機材です。画質の良い防犯カメラや精度の高いセンサーを、安く貸してくれる警備会社と契約するのが、一番費用を安く抑えられます。また警備会社の本部や支部からの距離も重要です。この距離が近ければ近いほど、通報があった後すぐに警備員が駆けつけてくれます。つまり、警備会社が近いほど、費用が変わらないにも関わらず犯罪に遭いにくくなるというわけです。万全な安全対策をするためにも、信頼できる警備会社に依頼しましょう。また、犯罪の危険は外だけとは限りません。建物内でも起こる可能性は十分に考えられます。特に最近では盗聴器による被害も多いとされているのです。自宅内やオフィス内に盗聴器が仕掛けられていないかを知るには、盗聴器の調査を行なっている専門業者に依頼するのがおすすめです。専門業者への依頼でプロの手によってすぐに盗聴器発見ができるでしょう。

広告募集中