ロゴ
>info>防犯カメラを設置して防犯対策をしよう【適した設置場所をチェック】

防犯カメラを設置する

犯罪が起きた時に証拠を残すためにも、そもそも犯罪を抑制するためにも、防犯カメラは大きな役割を果たします。防犯カメラがついていると分かっただけで、泥棒はその家をターゲットにするのを避けるようになります。

防犯カメラの設置に適した場所

防犯カメラ

玄関のドアの上の部分

玄関のドアは、泥棒の主な侵入経路の一つです。そのためそこに防犯カメラを設置しておけば、ドアから泥棒に侵入された場合必ず顔が映せるので効果的です。また外から防犯カメラがあることを確認できるので、犯罪を予防することにも繋がります。

駐車場の天井や入り口

泥棒の中には、使っていない車を狙った犯罪もあります。特に高級なスポーツカーなどを所持している方は、盗難に遭いやすいですし、またはイタズラで落書きや傷を付けられることもあります。こうした時に、犯人を突き止めて弁償させるために、防犯カメラは必要です。

家の外の電柱や塀の上

住居への侵入を防ぐことが目的なら、家の外に防犯カメラを設置するのが一番効果的です。家の外にあれば、泥棒は警戒して侵入しにくくなりますし、家の近くの道を映すことができるので、近所での犯罪の予防や犯罪の犯人特定にも役立ちます。

防犯カメラを設置して防犯対策をしよう【適した設置場所をチェック】

防犯カメラ

プロの方に防犯カメラの設置を依頼

防犯カメラは、設置場所によってその効果が大きく違ってきます。しかし素人が適切な場所を判断して設置するのは難しいです。そこで防犯カメラを設置する時は、警備会社や防犯アドバイザーなど、防犯のプロを呼んで設置すべき場所を教えてもらいましょう。また防犯カメラの設置場所は高いところが多く、設置しにくいため、プロに設置を依頼して代わりにやってもらうこともできます。

広告募集中