ロゴ
HOME>お役立ち情報>盗聴器が仕掛けられていると思ったら業者に依頼して発見してもらおう

盗聴器が仕掛けられていると思ったら業者に依頼して発見してもらおう

耳

盗聴されている可能性のある状況

世の中にはプライバシーを脅かす卑劣な犯罪はたくさんありますが、その中でもとくに迷惑を被るのが盗聴という行為でしょう。自宅の中の会話がすべて筒抜けになってしまうため、家族内の秘密ですら把握されてしまいます。ただし、盗聴するためには多くの場合は盗聴器を必要とするので、疑っているのなら業者に発見してもらいましょう。なお、盗聴器が仕掛けられているかどうか、ハッキリとしないため、業者に頼もうかどうか迷う方もいるでしょう。たとえば、家の中でしか話していないことを他者が知っていたり、電話にノイズが入ったりするような状態なら、盗聴器が仕掛けられていることを疑ったほうがよいです。もしも、少しでも不可思議な点があるのならば、業者に頼んで、探してもらうことをおすすめします。

男性

調査を依頼する際の流れ

盗聴器を発見してもらおうとした場合は、当たり前ですが、仕掛けた人間に感づかれてはいけません。気がつかれてしまっては、調査が入る前に撤去されてしまう可能性があるので気をつけましょう。盗聴器を仕掛けるような人間ならば、自宅に不法侵入してもおかしくないので、家族に危険が及んでしまいます。そのため、依頼は業者に直接訪れるか、屋外の公衆電話などで連絡を取るようにしましょう。業者に連絡を取れば、盗聴について相談に乗ってくれて、費用はいくらになるのか見積もりをだしてくれます。契約後は、自宅まできてくれて、特別な機器で調査してくれるので安心しましょう。もちろん、盗聴器が見つかった場合は、しっかり取り除いてくれますので、自身で撤去する必要はありません。

広告募集中